「働き方改革法案」成立と「人材派遣システム」について

おはようございます。アプリテックスのH・Mです。

最近、弊社お客様から「働き方改革法案」関連の情報収集についての依頼があります。

そこで、いつもの通り、労働基準局や、この件について調査している知人に訪問する機会が増えています。

主な内容は次の三点です。

まず、「同一労働同一賃金」について。

今後派遣会社はどのように対処するのか。派遣社員はどうなるのか。

次に「時代錯誤の上限規制」。

この件については労働基準局に何度も訪問しています。

労働基準局のアドバイザーの先生方によっては微妙に意見が異なるからです。

何度も訪問していれば、派遣法に詳しいアドバイザーの先生に当たります。

皆様はこの2点についてどうご検討されているでしょうか。

システムではどのような対処をお考えでしょうか。

関連記事

  1. 働くべき時休むべき時から人材派遣を考える(3)

  2. 働くべき時、休むべき時から人材派遣を考える

  3. 人材派遣ソフトとAIエンジン(2)

  4. NZ便り (日本のサブカルチャー&日本語)

  5. 派遣社員の適正分析

  6. 人材派遣システムを導入いただいたお客様のお声