人材派遣システムと適正分析について

おはようございます、アプリテックスH・Mです。

今、日本ではAIやロボットなどの新技術が登場する中で深刻化する人手不足に

悩まされていますね。

そんな中、求人と求職者とマッチングについては、以前、現首相も人材不足の

原因の1つであると発信していました。「組織単位の抵触日」の法改正などは

このアンマッチを解消する為、1手段として考えられたのかなと思っています。

つまり3年も同一派遣先、同一職種、同一職場で無期雇用(または正社員)にい

ないのならアンマッチングだろうという考えです。

では私共にとってこのアンマッチを最小限にとどめる為、人材派遣ソフトでいっ

たい何が出来る?ということを真剣に考えました。

実はほとんど宣伝していないので(今までほとんどニーズがなかったので笑)皆様

ご存知ないと思いますが、その機能が弊社人材派遣パッケージソフト「スタッフ

Win」の標準機能として組み込まれています。

関連記事

  1. 祝!令和元年

  2. 派遣社員の適正分析

  3. 「働き方改革法案」成立と「人材派遣システム」について3

  4. 働くべき時、休むべき時から人材派遣を考える

  5. 働くべき時休むべき時から人材派遣を考える(3)

  6. 人材派遣システムと適正分析について 2